AI開発連携プロジェクト
Renkei AI

協議会では社会安全、社会問題解決のためのAI開発支援を行っています。インフラ老朽、災害やテロ、ハラスメントや自殺、社会の問題に対してAIがどのように関わるべきか検討を行い、『人工知能開発基金』を通じて新たな分野のAIの開発支援を行います。『人工知能開発基金』は、内閣総理大臣認定の公益財団法人公益推進協会内に設置された基金です。この基金を通じて開発を行う公益事業や、非営利団体の支援を行っています。

Tie up AI

協議会の概要

運輸安全、医療安全、テロ対策、防犯、老朽事故対策など社会安全を中心に社会問題を解決するためのAI開発を支援しています。

被害者支援

人工知能がこれまで発展するに至らず、大切なご家族を不慮の事故で失ってしまった被害者のためのプロジェクト。AIに関する開発支援で社会安全を構成しています。

軍事AI規制対策

軍事転用されたAI技術は、『第二の核兵器』と呼ばれ、今後の紛争解決に大きな影響を与えます。『非開発の認証」と『規制対策」の検討委員会です。

Cooperative AI

Growing AI

公益AI開発支援

公益AI開発支援

自社開発AIや、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)におけるROI(投資利益率)が見込まれない場合、わたくしどもの提案する社会公益AI開発の後援参加を検討ください。

単回でのご利用

単回でのご利用

協議会では、賛助会員にならなくても開発支援制度をご利用いただけます。社会安全構築AI、被害者支援AI、軍事AI規制対策の研究者や公益事業にご協力をお願いしております。

会員制度について

会員制度について

わたくしどもの協議会は賛助会員により支えられています。賛助会員様のメリットは、AI開発参加によるROI(投資利益率)の向上及びブランド形成にあります。