人工知能による新たな社会形成
Renkei

人工知能社会連携協議会は、社会問題解決のためのAI開発を支援する協議会です。インフラ老朽、災害やテロ、ハラスメントや自殺、社会の問題に対してAIがどのように関わるべきか検討を行い、『人工知能開発基金』を通じて開発支援を行います。『人工知能開発基金』は、内閣総理大臣認定の公益財団法人公益推進協会内に設置された基金です。この基金を通じて開発を行う公益事業や、非営利団体の支援を行っています。また、わたくしたちの協議会は、パートナー制度による報奨制を用いることで、それぞれにメリットのある活動の構築を行っています。この制度の活用は、ネット社会の中心で生産性を生み出しながら、社会貢献をしっかりと行って頂くための環境づくりとして、アフィリエイトなどを行う方々にもご利用をいただいております。また継続的にインセンティブが発生することで新たなライフワークとしてのご利用の価値、そして収益性のあるCSRとして企業にご利用いただいております。

AI Partner

個人パートナー

個人のパートナー制度は、間接的に開発を支えていただくことをライフワークとして、個人の社会貢献やインセンティブによるサイドビジネスとしての活用。AI開発に協力いただけるキャリアアップとしての利用。わたくしどのも提供する開発支援は、あなたの歴史を刻みます。

企業パートナー

企業パートナー制度は、収益性のあるCSRとして企業の社会貢献の実現。そしてAI開発の支援企業としての企業ブランドの構築。本業務に人工知能が関係ない企業様や、中小企業にとって大きな使命を果たします。このパートナー制度は御社のブランド構築に貢献いたします。

アライアンス

アライアンス会員は、人工知能に直接関係ない職種の方や、企業にとって開発支援をいただくことで企業ブランドの向上、個人の社会貢献やキャリアアップなど、人工知能開発への関与がご自身の名誉につながることを橋渡しさせていただいております。

AI Report

AI Content

開発支援

開発支援

わたくしたちの開発支援は、内閣総理大臣公益財団法人公益推進協会の理事会を経て、人工知能開発の公益事業や非営利団体を助成しています。

被害者支援

被害者支援

私たちの協議会では、これまでAI開発が発展してない時代に起きた運輸事故やテロ犯罪、医療事故や災害などに巻き込まれてしまった被害者やご家族を支援するための活動を行っています。

平和活動

平和活動

私たちの協議会では人工知能が反社会行為に利用されたり、軍事利用に活用されることに反対をしています。署名活動を通じて国際的なルール作りを国際連盟に求める活動を行っています。