グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > 導入事例 > 西東京臨床糖尿病研究会の取り組み

西東京臨床糖尿病研究会の取り組み

■ 会員間の情報共有化
西東京臨床糖尿病研究会では、ASPグループウェアを利用して、電子会報や、勉強会の広報など会員間の情報共有を図っておられます。グループウェアで始める医療連携では、当会のグループウェアの導入支援から運用規約の支援など事務局と協力しながら、運営しております。(Intranets PRO)

■ NPO法人西東京臨床糖尿病研究会の取り組み
昭和61年から、各種研修会の開催を始め病診連携用糖尿病手帳の制作とその普及、糖尿病教育ビデオの制作等様々な事業を行っておられます。平成11年度からは西東糖尿病療養
(グループウェア)
指導士の研修・認定事業を立ち上げ、糖尿病地域医療システムの拡充を図っておられるほか、日常診療に直結した医学的エビデンスの構築なども積極的に取り組んでおられます。


[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved