グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > 導入事例 > 原土井病院の取り組み

原土井病院の取り組み


■ 病院機能評価の書類庫としてのグループウェア

原土井病院では情報一元化の取り組みとして院内ポータルを基点として、グループウェア、医療安全情報、薬剤関連情報、WEBパソコン教室、マニュアル一覧などにリンクするような形態をとっておられます。グループウェア(MyWeb)活用においては、掲示板、スケジュール、在席管理、設備予約、アンケート調査などに利用がなされれております。


特徴的な利用としては、病院を対象に第三者評価を行い認定を行う、いわゆる病院機能評価審査の際の関係書類の書庫として、グループウェア内部の文書管理機能を、上手に活用されておられます。




■ 付属の看護学校でもグループウェア活用
併設する看護学校でも学生にグループウェアは活用されており、メールのやり取りや授業の資料調べや、休講の通知や成績表などもグループウェア内の掲示板に掲載されるため、インターネット経由でASPグループウェアを利用しなければ学生生活を満喫できることが難しくなっています。

  原看護専門学校(http://www.harakan.ac.jp


[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved