グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > 導入事例 > 石越病院の取り組み

石越病院の取り組み
■ グループウェアの活用
 
 石越病院 担当者様
業務報告などの電子メールや各種の案内、スケジュール管理は今回からサイボウズ6を使用することにしました。以前から電子メールでExchangeを利用していましたので特に混乱はないはずでしたが、導入当初はウェブ入力形式に慣れない職員が多く、空メールや改行を入れないメールが多発してしまいました。やはり今まで慣れていたテキスト入力形式でないと無理か・・・とフリーで出ていたOutlookExpressを使用する簡易型のメールサーバの導入を検討しましたが徐々に問題は解決に向かっています。まだ正式には作動させていませんが裏メールシステムとして利用価値はありそうです。

ただサイボウズは日誌形式の報告が出来ないようです。当院では当直者の業務報告を日記形式で作成して職員が閲覧していましたが業務日報形式では月ごとの時系列表示が出来ません。仕方ないので従来から使用していたiDiaryをそのまま使用しています。だだこのソフトは2003年で一般公開ならびにシェアウェア販売が終了していますが長年使用して慣れていただけに残念です。

[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved