グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > 導入事例 > 名古屋大学医学部の共同研究

名古屋大学医学部の共同研究
グループウェアを用いた新しい医療介護情報システムの共同構築を目指す

ASPグループウェア イントラネッツサービスを提供するウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 田野 豊、以下WebEx)は、国立大学法人名古屋大学医学部(住所:名古屋市昭和区、代表:医学系研究科長・医学部長 濵口道成、以下 名古屋大学医学部)と、「グループウェアを用いた新しい地域医療介護情報システムの構築」について、共同研究を行うことに合意しました。

(名古屋大学医学部)
本共同研究は名古屋大学医学部の老年情報学寄附講座が高齢者や老年医学に関する情報を収集し、イントラネッツ株式会社が医療介護現場で求められるグループウェアの在り方について研究することを通じ、グループウェアを用いた新しい医療介護情報システムの共同構築を目指すものです。本共同研究により、名古屋大学医学部の老年情報学寄附講座はグループウェアを用いた地域医療介護情報システムの効果を検証することができ、WebExは
医療介護分野におけるノウハウを蓄積し、新しいグループウェアの開発に役立てることができます。
本共同研究では、WebExがサービス提供するASP(Application Service Provider)グループウェア「医療連携イントラネッツ」を使用します。「医療連携イントラネッツ」は、SSL標準装備、不正アクセス監視等により、セキュリティも高い。機能としては、医療機関の詳細情報の入力や検索、電子カンファレンス、医療連携フォルダ等、地域医療連携に必要な機能を備えております。また、ASPのため、ユーザーによるサポート、運営の手間は一切かからず、携帯電話から利用が可能です。


[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved