グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > よくある質問

よくある質問
Q1 グループウェアとは何ですか?

グループによる協調作業を支援するソフトウェアの総称です。。広義の意味ではハードウェアも含みます。主な機能は、グループ内のメンバー間および外部とのコミュニケーションを円滑化する電子メール機能、メンバー間の打ち合わせや特定のテーマについて議論を行なうための電子会議室機能、メンバー間のリアルタイムな打ち合わせに利用されるテレビ会議機能、グループ全体に広報を行なう電子掲示板機能、メンバー間でスケジュールを共有するスケジューラ機能、アイデアやノウハウなどをデータベース化して共有する文書共有機能、稟議書など複数のメンバーで回覧される文書を電子化して流通させるワークフロー機能などがあります

Q2 医療連携とは何ですか?

地域の医療機関が自らの施設の実情や地域の医療状況に応じて、医療の機能分担や 専門化を進め、診療所と診療所、診療所と病院、あるいは、病院と病院が相互に円滑な連携を図り、その 有する機能を有効に活用することにより、住民が地域で継続性のある適切な医療を受けられるようにするものです。

Q3 どんなことができるのですか?

ここでは、グループウェアというソフトウェアを使って、今までより低廉で簡易的な医療連携を構築します。

Q4 既に使っている基幹システムはどうするのですか?

ここでは、基幹システムとは切り離した院内外のポータルとしてのグループウェア利用した連携推進をしています。

Q5 オーダリングや検査システムなどとも連動できますか?

条件によりますが、既にWEB型グループウェアを活用して基幹系システムと連動させて活用されている医療機関がございます。


Q6 簡単に今すぐ構築したいのですができますか?

ASP型グループウェアを使った連携構築の場合ですと数分で開始できます。

Q7 予算はどのくらいかかるものですか?

利用するグループウェアのタイプや利用規模にもよりますが、ASP型グループウェアの既製品なら月々1000円程度〜10,000円程度(50人利用)、WEB型グループウェアなら初期投資でLAN環境やサーバー構築なども含めると数百万円はかかります。C/S型グループウェアならそれ以上の予算が必要になります。(→グループウェアの種類はこちら



Q8 このサイトでは具体的に何をしてくれるのですか?

このサイトでは、医療連携IT化支援のボランティア活動を行っています。導入に関して分からない方、管理する方法が分からない場合、或いはグループウェア内部のルール作りがよく理解できない方などを対象として、利用のアドバイスを継続的に行っています。(連携支援対策の概要はこちら

Q8 販売はしていないのですか?


はい、このサイトで販売は行っておりませんので、グループウェア企業あるいは、代理店からのご購入となります。

[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved