グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > 課題

課題
■ グループウェアのクリティカルマス
グループウェアのクリティカルマスとは、利用が飛躍的に進むために必要な賛同者の数に等しく、その臨界点は全体数の80%を越えたあたりから、不可逆的に発展いたします。組織内で導入を進める場合、このクリティカルマスの臨界点をいかに越えて形成するかがグループウェア利用普及のポイントになります。


■ クリティカルマス形成術
グループウェアなどポータルシステムを組織導入する場合、そのクリティカルマス形成術として効果的な方法は、紙媒体の流通停止と組織内情報のポータル一元化をトップダウンで行うことがポイントになります。同時に初心者クラスのクライアントには、ITマインドの植え付けを勉強会や研修などで植えていく作業も必要になります。


[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved