グループウェア連携推進事業

ホームに戻る メールでのお問い合わせ 検索エンジンのご利用はこちら よくある質問はこちら フォームによるお問い合わせ先
Home l お問い合わせ l 研究会 l サイトマップ


■ グループウェアについて
定義
歴史
種類
比較
課題
論文

■ 医療でのグループウェア
背景
特徴
導入
推奨製品
連携支援
導入事例
メッセージ
よくある質問
運営団体


Japan Groupware Society
Home > 種類

種類
■ 時間特性と空間特性から考える分類
グループウェアは、時間的な特性(同期/非同期および空間的な特性(対面型/分散型)により以下のように分類できます。



■ 運用形態による分類
グループウェアは運用する形態によっても以下のような分類に分けられます。
1.C/S(クライアント/サーバ)型グループウェア
多くの機能がある反面、クライアントPC1台1台にソフトウェアをインストールする作業が伴う。

2.WEB型グループウェア 

サーバにのみソフトウェアインストール。ユーザPCからはWEBブラウザで利用。機能はC/S型に比べると絞られてるが、導入しやすいことが特徴。

3.ASP型グループウェア 
インターネット回線を通じて、データセンター内サーバのグループウェアソフトを稼働させる。利用開始レンタル料金のみで開始できる。

4.P2P(ピアツーピア)型グループウェア 
ネットワークに接続した端末同士を使って情報共有するため、個々のPCにデータが分散する。また接続PCが増加すればトラフィックの混雑が起こる。


[Home]
リンクページ | メーカー企業情報 | プライバシーポリシー | このサイトについて | リンクフリー  | CSRについて | 研究・開発
Copyright  2007 Japan Groupware Society. All rights reserved