消えない苦しみ
過去の痛みを忘れない

『過去の痛みを忘れない』をスローガンに人工知能社会連携協議会の被害者支援プロジェクトは遂行されております。
これまで人工知能が発展するに至らず、事件事故や災害に遭われた被害者やご家族の皆様の心の痛みをを基点に、起きた事故の風化を防ぎ、先端技術の開発にご協力いただき、同事件事故が起きない世の中へ繋げます。

Itami

個人被害者

どんなに小さい事件事故でも、被害者の苦しみは同じです。私たち協議会では個人の被害を被った方々と協力を続けています。

遺族会

過去に起きた大惨事を「風化」させない取り組み。そしてその時代の「先端技術」により同じ過ちが起きない社会安全の構築を目指しています。

プロジェクト概要

このプロジェクトは、社会安全構築のためのAI研究者支援と同時に「過去の痛み」を風化させない取り組みです。

Social security

Heartache

過去の痛み(国内)

過去の痛み(国内)

自動車事故、航空機事故、船舶事故、鉄道事故など各種の運輸事故に新たな技術開発で同様の事故を防ぐ活動。人工知能を利用した安全機構等ベンチャー企業や研究者の社会安全AIの開発支援

過去の痛み(国外)

過去の痛み(国外)

国外でおきた運輸事故、テロ、犯罪、災害の記録。過去の事件事故を風化させない取り組み

会員制度

会員制度

会員制度の概要、個人賛助会員、法人賛助会員、業務執行理事、入会申請など

(運営管理)
人工知能開発基金事務局 
〒356-0004
埼玉県ふじみ野市上福岡2-5-3