約41億円規模のAIパートナーシップ

安倍晋三内閣総理大臣は2019年1月10日(木)に英国を訪問し、テリーザ・メイ首相と会談を行いました。日英両首相は医学研究、ロボット開発、データ運用の分野で先駆的な共同研究に合意しました。

メイ首相は「今回の安倍首相の訪英は幅広い分野での日英協力を強化するでしょう。貿易・投資、科学技術、安全保障における両国の密接な絆により共通の目標を達成します」と述べました。また、両首脳は、高齢化社会における長寿で健康的な生活のために、AIなどの新技術の共同開発における3000万ポンド(約41億円)規模のパートナーシップも発表しました。今後、日英の医学研究者は、糖尿病、心臓病、関節炎などの慢性退行性疾患の治療法研究で協働していきます。


dav

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。