日本のAI開発支援
Japan AIプロジェクト

人工知能社会連携協議会
AIの自社導入を順調に行い、製品やサービスを生み出す企業もあれば、検討段階から中々進捗しない場合もございます。また導入はできたものの今一歩、ROI(投資利益率)があがらない、継続維持が困難な場合もございます。わたくしどもの協議会では、新たな角度で後援者としてAI開発支援を行って頂くことについて、共同発表を行っている会です。またこれまで、AIが発展することなく、大きな事件や事故に出くわし、大切な方を亡くされた被害者の皆様たちとは、社会安全構築のためのAI開発を後方支援いただき、事件事故が起きた日付に合わせて共同発表をさせて頂いております。

AICC(Airtificial Intengence social Cooperative Conference)

会員制度の概要

会員制度は、企業団体の賛助会員制度と個人の賛助会員制度がございます。

個人賛助会員制度

個人向けの賛助会員制度です。個人でもAI開発の後方支援を可能にしています。また、これまでAI開発が進まず事件事故に巻き込まれた被害者のための会員制度でもございます。

法人団体賛助会員制度

法人・団体様向けの賛助会員制度です。AI開発の自社導入を行わない企業向けの制度です。また遺族会など大きな惨事に見舞われたご遺族の方のための会員制度でもございます。

FAQ

非会員でのご利用

非会員でのご利用

協議会では、賛助会員にならずとも人工知能開発のご参加いただけます。単回でのご利用の場合はプレス発表をその都度行うことが可能です。

個人賛助会員入会申請

個人賛助会員入会申請

個人でもAI開発支援にご参加頂けるプランです。個人からの賛助により社会問題解決、社会安全構築のAI開発を行っています。パーソナルブランドの構築にご利用ください。

法人・団体賛助会員入会申請

法人・団体賛助会員入会申請

AI開発のROI(投資利益率)が見込まれない場合や、CSR(企業の社会的責任)など、AI開発支援は企業のブランド価値を保ちます。また、被害者支援として、社会安全構築のAI開発にご協力いただける企業や被害関係者様がご利用いただけます。

(運営管理)
人工知能開発基金事務局 
〒356-0004
埼玉県ふじみ野市上福岡2-5-3