署名活動

軍事ロボットの写真自律型致死兵器(LAWS)の研究を進めている強国たち

どの国も正直、出し抜かれないようにAIを用いた軍拡を始めています。人的被害を出さずに戦争ができ、そして勝てるようになると、戦争を始める敷居が低くなりかねない。安易に戦争に訴えるようになることが、一番危惧されることではないでしょうか。人間が最終判断をくだす兵器については、現在の進化系ですが、完全にAIの自律判断で作動する兵器には警戒が必要です。自律型無人兵器があるのとないのとでは、戦力に大きな格差が生じ、国際情勢におおきな影響を及ぼします。

LAWSの写真開発は止められない現実

各国が開発を進めているAI軍拡には、人を攻撃するものから判断を支援するものや、自動運転技術による物資運搬など様々なAI活用技術が利用されています。自律型致死兵器(LAWS)については、やはり国連で開発を停止する運動をしていくしかない。LAWS使用時には国際的な制裁を求めるなど、何かしらの対策が必要ではないでしょうか。または、米国・中国。ロシア・が牽引しているから危険なので、他国も同様のレベルまでの開発が進み拮抗状態を保つしかございません。日本でも自衛隊の人手不足により、AI支援が急務ともいわれております。

オンラインで署名を受け付けています。

©  軍事AI規制対策委員会 All Rights Reserved.
PAGE TOP